スカートを作ろう!  ~準備編

こんにちは。

先日、ネットでミャンマーのスカート、ロンジーを見てから、
久しぶりに自分で洋服を作りたくなりました。

中学生の頃、家庭科の授業でスカートを作ったのをきっかけに、
洋服作りにハマって、その頃はよくスカートやワンピースを作っていました。

ですがあれから20年以上が経ち、最近では、
ボタンが外れたからボタンつけとか、スカートのすそがほどけてまつり縫い・・・
くらいしか、針と糸を手にしていません。

この前ロンジーのことをネットで調べていた時に、とあるサイトに、
ホームセンターで売られている、子どものおもちゃのような3000円くらいのミシンでも、
直線縫いさえできればロンジーはできる、と書かれていましたので、
早速近所のホームセンターへ行きました。

「ミシンはありますか?」

「扱っていません。」

えっ (||| ̄口 ̄)

早速くじけました。
昔は実家で母のミシンを使わせてもらっていましたが、
今の家にはミシンはありません。

仕方なく、ネット通販で調べました。
アマゾンに楽天市場etc.

安い物なら5000円台でありましたが、
レビューを見るとけっこう使い勝手が悪そうです。
ミシンてお高いんですよね。
3万とか5万とか・・・直線縫いと返し縫い、ジグザグミシンさえできれば、
あとの機能はいらないんですけど  (・・;)

う~ん。シンプルな洋服なら、

とりあえず手縫いでできないのかな? と
私は考えました。

アマゾンで本を探しましたが、実際に書店へ行って手に取って見てみたいと思い、
まずは本と材料を買いに出かけました。



選んだのはまずこれです。
(なかみ探索で、どんな内容か少し見えます。)
手縫いでできると書かれている本で、作りたいデザインがいくつか出ているもの、
型紙がついていることが条件で選びました。

よく、製図が書かれているものがありますが、
正直、製図から自分で全部作るのって、けっこう面倒くさいんですよね。
シーズンごとに出るこういう本は1000円くらいしますが、
手芸屋さんでひとつだけの作品の型紙が700円くらいで売られていますから、
いくつか作りたい服が出ていれば、本のほうがお得になります。



それから、教科書としてこれを買いました。
最初に選んだ本は、一見やさしそうに見えますけど、
実は懇切丁寧に書かれているわけではありません。
しばらく縫いものもしていませんし、実際に作っているうちに絶対に、

ふくろ縫いって何だっけ? というような事態が起こるのです。

いちいちネットで検索するのは大変なので、

急がば回れ で、こういう本は1冊あったほうがいいです。

この時点で合計2,315円也(税込)

おんなじ著者の本・・・私、この人に貢いでいるわ ( ´・ω・)
たぶん、手縫いで有名な方なんでしょうね。
手芸小物の手縫いはけっこうありますけど、
お洋服の手縫いって案外ありませんからね。
ミシンソーイングの本ならいくらでもあるんですけど。

それから、せっかちな私は何か作りたいと思いましたが、
はやる気持ちを押さえて、まずは道具類を買いに、手芸屋さんに向かいました。

手芸屋さん

北陸のお店はどこもかしこも店舗が広いです。
また、クルマ社会で、駐車場も広いです。
写真には写っていませんが、この手前にもまだ駐車スペースがあります。
車がいっぱい停まっていて、混んでいますよね。

それから、さっきの本に載っていたものを参考に、
最低限必要な物を揃えたんですが・・・

何でもそうですが、初期投資ってお金がかかりますね。

手芸材料

一番高かったのは布裁ちバサミです。
安い物なら1800円であったんですが、
切れ味が悪いハサミくらいイライラするものはありませんからね。
しかも、布裁ちバサミで紙を切ると、すぐに切れなくなりますから、

ここは ケチッたらいけないところ です。

高いなあと思いながら、泣く泣く3000円のハサミを買いましたよ。
より高品質なものは7000円以上していました。

布裁ちバサミ 2,970円
方眼定規     990円 地味に高い。文房具屋さんのものより柔らかい。
マチ針      360円
メジャー     324円
スレダー      405円 針に簡単に糸を通す道具
チャコペンシル  252円 最近のものは水にぬれると消えるらしい (゜o゜)

手芸材料2

ハトロン紙     220円 型紙を写すための紙
縫い針       405円 上記の本の著者おススメの、「四ノ三」(意味不明)という品番のもの
しつけ糸       75円

すべてに税金がかかって、合計6,481円也。

さっきの本2冊と合わせて、8,796円です。

泣けます。
しかも、これは、必要最低限のものばかり で、
「これもあれば便利なもの」は含まれていませんからね。

私が何も持っていなかったからですね。
ボタンつけのソーイングセットくらいはあります (;・∀・)
大体のものがセットになっている、3000円台くらいのものもあったんですけど、
正直ハサミの品質が心配でした。

まー1万円あれば材料(布)も手に入ると考えていた自分が甘かったです。
その日はそれで力尽きました _| ̄|○

でも、これであとは、作るものによりますが、
布と、布の色に合った糸と、ボタンまたはファスナーを買えば、服は出来るはずです。
(ものによっては、あと、接着芯とかテープなど。)

布はとりあえず見て歩いただけですけど、お値段はピンからキリまでです。
でも、お安くはないです。
1メートル500円台のものが最安値でしょうか。
(バーゲン台でセールされているはぎれを除く。)
良い物は1メートル1000円以上とか、
手作りだからと言って、決して安くできるものではないということがわかります。

次回は、お財布と相談しながら、
いよいよ洋服の材料が買えるかどうかですね。
ロンジーを作りたいけど、まずは普通の巻きスカートかな。

コメント

非公開コメント

こんばんは♪

はさみは キレが悪くなったら

アルミホイルをちょっとくしゃくしゃっとして
チャキチャキ切ると キレが良くなりますよ♪

簡易 ハサミ研ぎ♪

包丁なんかも 今風のは ダメですが(^▽^;)
陶器の裏っかわ 湯呑の裏の ざらっとしたところで
擦り付けるようにこすると
簡易 包丁研ぎですw

キレが悪いの嫌いなんです・・・
すっきり スッパリ・・・
(FXでは こうはいきません・・・( ̄ー ̄; ヒヤリ)

こんばんはー(^^)/
それは知りませんでした!
いいこと聞いちゃった(*^^*)
なんか、布切りハサミってすぐ切れなくなる気がします

包丁は、簡単なとぎ器を持っているので何とかなってます

包丁は大きなスーパーや百貨店で、
たまに「砥ぎますよー」っていう催しがありますけど、
ああいう時にハサミもやってくれるんでしょうか

切れないとほんとイラッときますよね(*_*;

おはようございます♪

研ぎますよ〜のときに
ハサミもオッケーですよ(*^^*)

岐阜の関市は、刃物の街で
研ぎ屋さんもいっぱいです(^^;;

こんにちは^^

そうなんだ!
またまたいいこと聞きました

そう言えば関市って刃物まつりやる場所ですよね?
前に刃物マニアの知り合いに、よくお土産貰っていました
携帯爪切りとか、携帯ハサミなんかの、けっこう役に立つものを^^
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。