クエン酸リンス

先週の記事の重曹うがいですが、好調です。
毎晩寝る前に重曹うがいをしないと気持ちが悪くなってきました。

長時間飲食をしない間の、口の中のネバネバが発生してくるのが遅い感じです。

さて今日はクエン酸の話題です。

私は昔、有名メーカーの、CMもじゃんじゃん流しているシャンプーを使っていて、
ハゲてきたというか、髪が薄くなってしまったことがあります。

その時、焦ってしばらく石けんシャンプーにして回復したんですが、
その後は安物はもう怖いと思って、美容室のシャンプーに始まって、
わりとお値段のいいシャンプーを使ってきました。

頭髪を気にされている男性は、この話で石けんシャンプーに走らないでくださいね。
これは女の場合の話ですし、合う合わないがありますから。

最近になって、石けんシャンプーの爽快感を思い出し、
また使いたくなり、合成シャンプーから石けんシャンプーに変えました。

クエン酸水ボトル

石けんシャンプーは当然ながらアルカリ性です。
洗ったままだとギシギシします。
それを、酸で中和しないといけません。

昔はお酢を使うのが一般的でしたが、乾かしてもなんとなく匂う気がします。

そこでクエン酸です。

水500ccに、クエン酸大さじ2杯を溶かします。
お風呂場で使うボトルに小分けしたあとは、冷蔵庫に入れておき、
2週間ほどで使いきるようにします。

石けんシャンプーに対応して、石けんシャンプー用リンスも売られていますが、
材料を見たら水、クエン酸って、これ、自分でもできますよね。
面倒な方は買えばいいと思いますが、個人的にはもったいないと感じます。

クエン酸水小分け

百均で買ってきたミニボトルに小分けしました。

石けんシャンプーしたあと、洗面器に8分目ほどお湯を入れ、
このリンスを3~4プッシュくらい(使ってみて好みで)入れます。
私は4プッシュしています。

耳から下あたりまでを、頭をさかさにしてお湯に浸けて、
中でゆるゆる髪をくぐらせたあと、
残りのお湯を、届かなかった生え際や首の上のあたりにまんべんなくかけて、
あとしっかりすすいで終わりです。

ギシギシしていた髪が、一瞬で手触りがスルッと変化するのが面白いです。



クエン酸は、私は食用グレードのこれを使っています。
重曹と同じで、お掃除にも食用にも使いたいからです。

この会社のものは、袋にクエン酸の利用法をあれこれ書いてくれてあるのがいいです。

石けんシャンプーですが、賛否両論ありますね。
地肌に良いのだけはたしかですが、髪にはどうか?というところですね。
生まれながらの髪質がありますので、サラサラになる人もいますし、
そうでない人もいますね。
私はちょっとパサつき気味ですが、合成シャンプーを使っていても同じですし、
それよりも自然の気持ちよさを取っているという感じです。
パサつき気味のところは、乾かす際に椿油を使って補っています。
他にあんず油とか、グレープシードオイルなんかも試してみようかと思っています。

あと、経験者の私からアドバイスすると、
ずっと合成シャンプーを使ってきた髪には、ケミカルな物質がこびりついていますので、
はじめは石けんシャンプーがなかなか泡立たなかったりします。

それと、しっかりすすぐことが大事です。

すすぎが足りないとフケの原因になります。

化学的なものが取れて、快調になってきたかな?と感じるまで、
10日から2週間くらいかかります。

でも、合成シャンプーを使って、
洗っても洗っても頭皮がかゆくて仕方なかったのがなくなりました。

最近は、重曹シャンプー、塩シャンプー、

果ては お湯シャンプー まで流行しています。

私は今のところこれらにトライするつもりはありませんが、
重曹シャンプーのあとにも、ギシギシが気になる人にはクエン酸リンスが良いようです。

重曹シャンプーも塩シャンプーもお湯シャンプーも、
石けんシャンプー以上の困難が待ち構えていることは想像に難くありません。

お湯シャンプーはわかりませんが、重曹や塩については、
どちらかといえば、脂性で、頭皮や髪がベタついて困っている人に向いています。
もともと乾燥気味の人はしないほうがいいかも?

まとめサイトなどを見ていますと、ムキになってやり続けようとしないで、
色々かわりばんこに(今までの合成シャンプーも併せて)使って、
だんだんに移行していくのが成功のコツだそうです。

石けんシャンプー以外の3つは、ほとんどお金がかかりませんね。
髪と地肌のためだけでなく、節約を目指す人にはいいのかもしれません。
ただ、いきなり全面移行は大変だと思います。

※7月20日 追記
  石けんシャンプーに変えて3週間が経過しました。
  思ったほど髪はパサつきませんし、むしろ髪本来のサラサラ感を取り戻した感じで、
  何よりもいいのは、頭皮がまったくかゆくなくなったことです。
  合成シャンプーを使っていた時は、洗っても洗ってもかゆくて、
  なんでだろー?と思っていました。
  もう合成シャンプーには戻したくありません。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。